精密しあげ

普段なにげなくいじっている電子機器の中には、現代の最先端の技術が詰まっています。
特に最近のテクノロジーの進歩はめざましく、握りこぶしの中に収めることが出来るような小さな、小さな電子機器でも、高度な機能を発揮するものがあります。
時代は確実に、20世紀が夢見た21世紀の形になっているし、20世紀が夢見た22世紀、23世紀に繋がっていくのでしょう。

ところで、そんな最先端のテクノロジーを支えているのは何といっても工業の世界で、その中でも特に精密機械加工という分野の発達には目覚ましいものがあります。
精密機械加工というのは、機械によって機械を作り上げるというもので、精密機械加工と言うだけあって、加工のための機械も精密なら、作り上げられる機械も精密、ということになっています。

そして、それにも増して重要なのが、精密機械加工によって加工された物にたいして行われる精密仕上げ。
ここで例示することになるホーニングなどの技術が、精密機械を真の「精密さ」に限りなく近づけています。ホーニングは、加工の段階でミリ単位の正確さで形づくられた部品を、さらなる細かさで仕上げる技術です。
ホーニング(Honing)の名の通り、それは「磨くこと」です。ホーニングとは、精密機械の精密部品を研磨することで、真の精密さを見出すという仕上げ方法なのです。

イチ押しリンク

カテゴリー
  • カテゴリーなし
カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Search
Archives